在学生支援事業について

平成30年度 在学生支援事業概要(海外活動支援)

より多くの在学生の皆さんに利用していただくため、応募締め切りを平成30年7月31日まで延長いたしました。
ただし先着順随時選考し、予定満了次第終了いたしますので、興味のある在学生の方は早めのご応募をお願いいたします。

規約

平成30年6月11日 改定

1. 目的
向学心および研究意欲のある本学在学生を瑞桜会として支援することを目的とする。
2. 対象
  1. 対象とする学生:本学人文社会学部在学生(休学中の在籍者を含む)
  2. 対象とする支援活動:次に掲げる海外活動
    私費留学、自己負担金が多額の公費留学、ワーキングホリデー、海外インターンシップ、海外ボランティア活動
3. 支援項目と支援額
次に掲げる 1. および 2. のそれぞれに該当する金額の合計を支援

  1. 滞在費および活動費(居住費および留学の場合の学費等に充当)
    2週間以上4箇月未満滞在: 20,000円
    4箇月以上滞在: 30,000円
  2. 交通費
    北米、中南米、欧州、豪州、中近東、アフリカ圏: 30,000円
    アジア圏: 20,000円
4. 支援条件
  1. 応募時
    海外インターンシップおよびボランティア活動に参加する場合は主催する団体が発行するパンフレット等活動を証明する書類を添付、公費留学の場合は自己負担金額が分かる書類を添付
  2. 申請時
    領収書または支払が証明できる書類のスキャン画像添付
  3. 支援金受領後
    活動の内容を1枚以上の写真を添えて同窓会誌ならびにホームページに公開し、報告会で講演することに同意すること。
5. 件数及び支援総額
  1. 1年度に各学科3件程度、学部全体で10件程度
  2. 支援総額は1年度に60万円程度を目安とする。
応募方法と申請方法
瑞桜会ホームページより所定の様式を入手する。様式1,3で瑞桜会(alumni@ncuhum.jp)宛てにメールにて応募する。
採用された場合は活動終了後、規約に従って支援金を申請する。
メールではなく書類を直接手渡しで応募および申請したい場合はその旨を上記アドレス宛にメールにて問い合わせること。
7. 応募および申請期間
応募期間:一次募集 平成30年 4月 1日より 5月31日まで
二次募集 平成30年 7月 31日まで 
申請期間:活動終了後3カ月以内
8. 審査と結果通知
瑞桜会理事会にて厳正に審査し、結果を6月末日頃応募者にメールにて通知する。
9. 審査基準
申請者の研究意欲、経済状態等を考慮して別に定める審査基準に沿って審査するが、詳細については非公開。研究の意義、応募学生本人の研究意欲等については指導教官の推薦書(様式3)、および自薦(様式1の応募理由欄に学業成績、各種受賞経験および経済的支援の必要性の証明等の自己アピール)等を考慮して審査する。
10. 事後の報告と支援金申請および振込先口座指定
審査の結果支援が決定した場合は活動終了後3箇月以内に該当する支援金申請書(様式2)、および活動報告書(様式4)、および領収書等、振込口先座番号等が確認できる書類(例:預貯金通帳、キャッシュカード等)のスキャン画像を添付して瑞桜会(alumni@ncuhum.jp)宛てメールにて報告、申請する。
11. 支給・返納
  1. 支給:
    報告書、領収書等の提出書類等に不備がないことが確認でき次第指定口座に支援金を振り込む。
  2. 返納:
    ・万一不正に受給した場合は直ちに全額返納し、その後は一切支援を受けられない。
    ・故意によるとは認められない場合はこの限りではなく、修正報告書を提出し、支援金の過剰分を返納する。
12. 個人情報の取り扱い
本事業の申請書および報告書に記載された個人情報は本件申請の手続きの確認、連絡通知以外には使用しない。

問い合わせ先:瑞桜会 alumni@ncuhum.jp →お問い合わせページ

付則:1. この事業は平成29年4月1日から開始する。
2. 平成30年4月1日より自己負担金が多額の公費留学も支援対象に加える。

書式ダウンロード

PDF形式/Word形式 いずれかをダウンロードし使用してください。(内容は同じです)

これまでの支援学生の活動報告

ページの上部へ戻る